• TOP>
  • ヴォラックス/The Voraxx

ヴォラックス/The Voraxx

TOP > 中立コスト4 > ヴォラックス/The Voraxx

UNG.jpg


《ヴォラックス/The Voraxx》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


ヴォラックス.png
種族テキスト
自分がこのミニオンに呪文を使用した後1/1の植物/Plant1体を召喚し呪文のコピーをその植物/Plant1体に対して使用する。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

4/3/3とスタッツこそ悪いものの、自分がヴォラックスにかけた呪文を呼んだミニオン1体にコピーしてかけるという、
また新たな動きをするレジェンドミニオンがハースストーン界にやってきた。

使う呪文としてまず考え付くのがバフスペルだろう。
例えば、+3/0の修正を与える《力の祝福/Blessing of Might》をこいつに使った場合6/3のヴォラックスと4/1の植物が出来る。
ウンゴロで同時実装された《剣竜騎乗/Spikeridged Steed》は相性バツグンで、
10マナで「5/9挑発&3/7挑発&断末魔で出てくる2/6挑発*2」という、打点こそ低いがマナ効率から見たら犯罪的なムーブをすることが可能である。

しかし、「呪文のコピー」という点にもう少し注目したい。
例えば、対象に1ダメージ&1ドローの《ドス/Shiv》。
これをヴォラックスに使えば「ヴォラックスに1ダメージ&1ドロー」と「ヴォラックスが呼んだ植物に1ダメージ&1ドロー」で、植物こそいなくなるものの2ドローが出来るのだ。
この方向だと《ムーングレイドのポータル/Moonglade Portal》が特に強力で、6マナミニオンを一気に2体並べられる。

色々面白い動きはできるのだが、完全にコンボ前提のミニオンというのが難点。
前述したとおりヴォラックス自体のスタッツは悪く、素で出しても返しのターンを生き残れる可能性は低い。
しかもレジェンドなのでデッキに1枚しか入らず、こいつ自体が引けないという事態も割と起きやすい。
なので、現状ランク戦で見かけることはまず無い。

闘技場(Arena)

スタッツが悪い上、対象を取って有利になる呪文でないとコンボできない。
よっぽどの事が無い限りは取らない方がいい。
バフが多いパラディンなら多少評価はいいが、それでも下から数えた方が早いレベル。

コンボ

デッキ

メモ

  • 「このミニオンに呪文を使用した後」なので、ヴォラックスが呪文で死んでしまうと植物も呼ばれないしコピーも使われない。
    例えば《炎の大地のポータル/Firelands Portal》はヴォラックスの体力を6以上にして生き残らせないと5コスミニオンを2体呼べない。
  • 呪文そのものをコピーするので、《適応/Adaptation》などの効果が選択できる呪文を使った場合、ヴォラックスと植物でそれぞれ選択肢が出る。
    効果が違うものを選ぶことも可能。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:我はヴォラックス。声なき草たちの代弁者。
  • 英:I am the Voraxx. I speak for the weeds.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。