• TOP>
  • ヴォイドコーラー/Voidcaller

ヴォイドコーラー/Voidcaller

TOP > ウォーロック > ヴォイドコーラー/Voidcaller

naxx.png


「我、虚無より来たり」(From the void I come.)-Voidcaller

《ヴォイドコーラー/Voidcaller》はウォーロックのコモン・ミニオンカード。


ヴォイドコーラー.png
種族テキスト
悪魔断末魔(Deathrattle):自分の手札からランダムな悪魔1体を戦場に出す。

入手法

カース・オブ・ナクスラマスのウォーロックチャレンジで入手できる。
クラフトすることはできないし、ディスエンチャントもできない。
ゴールデンカードは元のカードを持っていれば作れる。ダスト400でクラフトでき、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

歴代のウォーロックカードの中でも1, 2を争うほどのパワーカード。
高い評価を誇る《手動操縦のシュレッダー/Piloted Shredder》と互角のスタッツでありながら、場に残すミニオンが反則的に強い。《ドゥームガード/Doomguardp.png だろうが《マルガニス/Mal'Ganisp.png だろうが《ヴォイドロード/Voidlord》だろうがタダで出せるのだ。手札を1枚消費する点を考慮してもおかしいと言わざるを得ない。

出されるデーモンはランダムなので、軽いデーモンはさっさと出して重いのばかりにしておくか、デッキ構築の段階でこのカード以外の悪魔を重いものに絞っておきたい。

頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptor》と《屍山血河のグルダン/Bloodreaver Gul'dan》のどちらでも復活する…のだが、前者はともかく後者はあまり嬉しくない。DKの復活はおびただしい数の《ヴォイドウォーカー/Voidwalker》をかき分けて、いかに《マルガニス/Mal'Ganisp.png ヴォイドロード/Voidlord》に復活してもらえるかという勝負だからである。

闘技場(Arena)

完全除去されてしまうことが少なく、余計に猛威を振るう。……ただし、悪魔が手札にあればの話。
コモンなので、序盤ならこのカードをピックできる前提で及第点な悪魔をとりあえず取っておくという考えも十分有り得る。

コンボ

メモ

フレーバーテキスト

  • 日:ゴクッ、ゴクッ、ゴクッ、…ぷはぁっ!スカッとさわやゲーーーップ!
  • 英:"Void! Here, void! Here, buddy!"

パッチ修正

  • Patch 1.1.0.6024 (2014-07-22): 追加。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

{{error}}
※ただいま集計中です。
  • {{page.rank}}
    {{page.name}}
    ({{page.count}} {{page.count > 1 ? 'views' : 'view'}})
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。