• TOP>
  • ラスガード/Wrathguard

ラスガード/Wrathguard

TOP > ウォーロックのカード > ラスガード/Wrathguard


tgt




《ラスガード/Wrathguard》(怒りの番人)はウォーロックのコモン・ミニオンカード。


ラスガード
2Manaラスガード/Wrathguardp 悪魔common(4/3)このミニオンがダメージを受けた際、あなたのヒーローも等しくダメージを受ける。

入手法

グランド・トーナメントカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

  • マナコスト2で4/3というスタッツは強力だが、ミニオンに殴られた際は勿論、攻撃時の反撃ダメージもヒーローに飛んでくる。
    • デメリットとしてはそこまで重くはないものの、3/2や3点ダメージの呪文といった普通の2マナの返しで落ちてしまうことからスタッツのメリットもそんなに大きくない。
    • しかし3/2と比べて+1/+1でも十分だと考え、先に相手を削れば勝てるという発想の速攻型デッキでは普通に採用される。
  • ウォーロックはライフを犠牲にカードをドローするため、このカードを使ったばっかりに未来のドローが封じられてしまう可能性がある。十分にリスクを理解し、相手と状況を見て使用しないと自分の首を絞めることになるだろう。
    • 極端な例では相手に3/2がいるのにこれを出すのと、3/2を出すのは基本的に変わらず、デメリットだけが目立つことになる。
  • ミニオン対象のみの高火力スペル、《シールドスラム/Shield Slamp や《フレイムランス/Flame Lance》などを食らったら泣こう。
    • ドラゴン年現在、呪文で出せる最大バーンカードとして《メテオ/Meteorp がある。メイジと対峙した場合、何かのついでに巻き込まれたり逆にターゲットとして狙われる可能性もゼロではないため、最大体力の半分を持っていかれる事を念頭に置いておこう。
  • ダメージを介さない破壊だと効果が発動されないので、《ヴォイドテラー/Void Terrorp や《大食のプテロダックス/Ravenous Pterrordaxp で割るとデメリットを帳消しにできるが、そうなるとせっかくのスタッツがもったいないというジレンマをかかえたミニオン。ズーでピン差しがせいぜいだろう。

闘技場(Arena)

  • 強い、が上記のとおりライフ=ドローソースの構図を理解して選ぼう。回復手段がないなら避けていきたい。

コンボ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 英:After playing against 5 Annoy-O-Trons, any normal guard will become a Wrathguard.
  • 日:元は普通の衛兵だったのが、マジウザ・オ・トロン5体を相手にしたために、この激怒の化身になってしまったといううわさがある。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。