• TOP>
  • ラシオン/Wrathion

ラシオン/Wrathion

TOP > 中立コスト6 > ラシオン/Wrathion

MSG.png


《ラシオン/Wrathion》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


ラシオン.png
種族テキスト
挑発, 雄叫び: ドラゴンでないカードが出るまでカードを引く。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

かつてあまりの汎用性と採用率からnerfされてしまった《知識の古代樹/Ancient of Lorep.png を彷彿とさせるレジェンドミニオン。
デッキ構成を無視してまでどのデッキにも採用できる程ではないものの、ドラゴン族を多めに採用すればnerf前の《知識の古代樹/Ancient of Lorep.png 、もしくはそれ以上の活躍をしてくれる可能性がある。

まず前提として1ドローは確実であり、1ドロー=1マナ増と考えて良い。本体が挑発持ちの4マナ最良値と考えるとコスト相応のスタッツではある。
ただし6マナどころか5マナミニオンの殆どが4マナ相当であるこのミニオンを一方的に倒せてしまう為に、テンポ面ではよろしくない。専用デッキを除く《ケーアン・ブラッドフーフ/Cairne Bloodhoofp.png の採用率の低さに通じるものがある。
挑発持ちなことを活かしてアグロであれば通用するが、ミッドレンジ以降のデッキ相手では苦戦を強いられる可能性がある。
このミニオンが原因で盤面を取られてしまってもAoE等によって盤面を取り返すことの出来るコントロールデッキでは有効活用することが出来るだろう。

しかしドラゴン族ミニオンをドローし、2枚目以降をドローすることに成功すれば話は別である。挑発持ちの《知識の古代樹/Ancient of Lorep.png が弱い筈が無く、運の続く限り圧倒的な手札アドバンテージをもたらしてくれる。
勿論ファティーグ寸前までドローしすぎてしまうのも考え物だが、余程の事がなければ問題ないであろう。

このカードを採用する際にはドラゴン族の採用枚数に気を使う必要があるが、逆に言えばそれだけで大逆転をもたらしてくれる可能性のあるレジェンドミニオンではある。

残念ながら現状だとこのカードの為にドラゴンを増やしてまで扱われる評価ではない。
ドラゴンプリーストには《ドラコニッド諜報員/Drakonid Operativep.png という超優秀ミニオンがおり、あちらに株を奪われてしまっている。
ドラゴンシナジーによって常に1マナ上のスタッツのミニオンを展開していくテンポよりのドラゴンデッキと、テンポを損してドローするコントロール向けのこのミニオンの相性が悪い点、
このカードはドラゴン種族を持たない点から激戦区の6マナに採用の席が無いことが理由に挙げられる。

闘技場(Arena)

スタッツは悪くない、挑発持ち、おまけにドローも出来る、と十分優秀なレジェンドミニオン。
無論さらに優秀なレジェンドミニオンもいくらでもいるのだが、シナジーなどは特に考えずにピック出来る。
他が微妙ならピックしてしまおう。

コンボ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ラシオンはデスウィングの息子で、ドラゴンだ。じゃあなんでカードに「ドラゴン」って書いてないんだ、って?あんた、せっかくの彼の変装を台無しにしたいのか?
  • 英:Wrathion, son of Deathwing, is a dragon. Why isn't he tagged as a dragon, you ask? WHAT, ARE YOU TRYING TO BLOW HIS COVER??

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。