• TOP>
  • ラシオン/Wrathion

ラシオン/Wrathion

TOP > 中立コスト6 > ラシオン/Wrathion

MSG


《ラシオン/Wrathion》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


ラシオン
種族テキスト
挑発, 雄叫び: ドラゴン以外のカードを引くまでカードを引く。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

ドラゴンを引き続ける限りいくらでもドローできるというレジェンドらしい変わった能力を持ったミニオン。
6マナミニオンとしてはスタッツが低いため、少なくとも2枚はドローしたいところ。ドラゴンを多めに入れたデッキでの構築が前提となるだろう。

ドラゴンをドローするという能力では、同じクラーケン年に《キュレーター/The Curator》というライバルがおり、当然比較の対象となる。
キュレーター/The Curator》は1マナ重いものの確実にドラゴンをサーチすることができ、構築によっては高確率で2~3ドローできるといった能力を持っている。
一方の《ラシオン》は単なる1ドローであり、運が良ければドローが続くといった能力のため、雄叫びだけを見ても《キュレーター/The Curator》に軍配が上がることになってしまう。

実際にドラゴンウォリアーでは《キュレーター/The Curator》が採用されており、ガジェッツァンリリース後も《ラシオン》が選ばれることはなかった(ほとんど海賊ウォリアーになっていたから……というのは内緒である)。
もう一つのメジャーなドラゴンデッキだったドラゴンプリーストにおいても、リソース補充は《ドラコニッド諜報員/Drakonid Operative》や《ネザースパイトの歴史家/Netherspite Historian》といった優秀なミニオンが採用されており、やはり《ラシオン》に目が行くことはなかった。

クラーケン年までのドラゴンデッキは、ドラゴンシナジーによって常に1マナ上のスタッツのミニオンを展開していくテンポ寄りの構築であったため、テンポを損してドローする能力はあまり求められなかった。しかもドラゴン種族すら持たない、となればフレイバーテキストのような文句も言いたくなるものであろう。
マンモス年では多くのドラゴンがスタン落ちしたため、もはや採用を検討されることさえ無くなってしまい、本人の希望通り身を隠し続けることとなった。

さて、ワイルド環境ではドラゴン種族のミニオンの種類が増えていくので、デッキ内のドラゴン密度を上げていくことは難しくない。
ドラゴンをひたすら横に並べたい、というデッキを作るのであれば《ラシオン》のことを思い出してもいいだろう。

闘技場(Arena)

スタッツは悪くない、挑発持ち、おまけにドローも出来る、と十分優秀なレジェンドミニオン。
無論さらに優秀なレジェンドミニオンもいくらでもいるのだが、シナジーなどは特に考えずにピック出来る。
他が微妙ならピックしてしまおう。

コンボ

メモ

  • 雄叫びの能力によって手札が10枚になった場合、その時点でドローが止まる。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ラシオンはデスウィングの息子で、ドラゴンだ。じゃあなんでカードに「ドラゴン」って書いてないんだ、って?あんた、せっかくの彼の変装を台無しにしたいのか?
  • 英:Wrathion, son of Deathwing, is a dragon. Why isn't he tagged as a dragon, you ask? WHAT, ARE YOU TRYING TO BLOW HIS COVER??

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。