• TOP>
  • Mill Rogue/ミルローグ

Mill Rogue/ミルローグ

TOP > デッキ一覧

ローグの特殊デッキとして有名なミルローグの一例を掲載します。

レシピ

比較的安く作れる旧ver除去増しの別ver
MillRogue.jpgMillRogue another.jpg

デッキ概要

ミルというのはライブラリ破壊のことです。このゲームは手札が10枚を超えた場合、引いたカードは消滅します。

それによって相手のデッキの潜在的なリソースを浪費させるのがミルデッキの基本的なコンセプトです。

また、デッキに入っている30枚のカードを引き切ったとき、プレイヤーはデッキ切れを起こし、ドローする度ダメージを受けるファティーグ状態になります。

何らかの手段によってドローを強要し、相手を先にファティーグ状態に追い込んで相手を倒すこともこの種のデッキの特徴です。

似た系統のデッキではミルドルイドやファティーグメイジなどが存在していますが、総合的なドロー強要力はミルローグが一番でしょう。

面白いデッキなのですが、

・Emperor Thaurissanを利用したコンボデッキ(※主にドルイド。旧パトロン・フリーズはキーカードを焼ければ容易)

・序盤~中盤のテンポが強力なデッキ(テンポメイジ等)

・速やかにミニオンを展開、手札を消費できるデッキ(メック系、アグロ系)

が特に苦手であり、それらが蔓延する現在の環境は基本的に厳しいです。

(案外、一番苦手そうなフェイスハンターにはドローせずに勝つ勝ち筋が結構あったりします)

(追記)

絶賛蔓延中のシークレット系のパラディンは、理屈の上ではファティーグに突入させやすい相手ですが、手札の消費が容易かつ高い打点を素早く展開してくるのでキツイです。

プレイングについて

ファティーグダメージプラン

まずこのデッキの目指すメインの勝ち筋ですが、それはColdlight Oracle連打によるファティーグダメージ勝ちです。

ファティーグダメージは1から始まりカードを引くたびに1ずつ増加します。

例えば仮に相手がデッキが丁度切れた状態から9マナでColdlight Oracleを3連打すると、1+2+3+4+5+6+(相手にターンが渡れば)7=28というダメージが出ます。

Shadowstepが残っていた場合や、Shadowstepで回収済みのColdlight Oracleが居れば同様の条件で45点をたたき出します。

45点はもちろん、28点、その一歩手前の21点であっても武器やBlade Flurryのダメージ、ミニオンの攻撃で多少削れていれば容易にリーサル(トドメ)となります。

問題はそこまでどうやって相手の攻撃をしのぎ、ドローを進めるかという所にあります。

序盤(1~4マナ)は相手の動きを見て相手のデッキがどういうものか見極めます。

ミニオンが出せるのは3マナ以降からなので、とにかく嫌なミニオンの除去に専念します。

ヒーローパワー,Backstab,Deadly Poison,Fan of Knives,Eviscerate 主にこれら除去を使ってどう処理するかの判断が結構後々に響いてきます。

相手の展開力・バースト次第なのですが、普通はちょっとしたダメージより効率良く除去できる方を選択するのが裏目が少ないと思います。

とりあえず出せるなら出しておけというミニオンはSen'jin ShieldmastaとAzure Drakeの二種類です。

Deathlordも大体の場合とりあえず出して問題ありませんが、コントロールウォリアーなど突破が容易でやばいミニオンが飛び出そうな場合は様子見した方がいいでしょう。

中盤(5マナ~9マナ)この辺りでほぼ間違いなく劣勢になってきます。脅威の程度を見極めつつSap,Vanish,Blade Flurry,Antique Healbotで耐えます。

欲張りすぎず、警戒し過ぎず、相手の攻めに耐えつつ、この辺りから隙を見てColdlight Oracleを出してミルを狙っていきます。

(もちろん、火力をひかれたらやばい場合や、相手のカードが尽きかけてきた時は、無理にColdlight Oracleを出す必要はないです)

さて、両プレイヤーに2ドローさせる異色のミニオンColdlight Oracleですが、これがファティーグダメージプランの最重要キーカードになります。

原則として、Gang Upで増やす前の段階で

・2枚目のColdlight OracleかShadowstepが手札に無い

・Vanishとのコンボが狙えない

・Gang Upで増やせない

この時はColdlight Oracleは場に出してはいけません。

(あくまで原則であり、ここでドローしておかないと負ける場合、ジリ貧になるのが目に見えている場合は、連鎖するのを願って出します)

また、Coldlight Oracleに対するGang UpやShadowstepでの回収、再召喚は連鎖を狙いたいコンボです。

ちびちびやると相手のデッキを破壊できずアドを与えるだけなので、普通は3マナで最速で出したりはしない方がいいです。

同時に無理にコンボでデッキを大きく破壊しに行こうとし過ぎるのも問題で、この辺の判断は本当に状況次第です。

次に、VanishとSapに関するトリックについて解説します。

手札が10枚ある時、手札に戻す効果は完全な除去として機能します。

例えば相手の手札が8枚の状況で Coldlight Oracle -> Sap とすれば一体を破壊(Deathrattleは発動する)できます。

同じ状況で Coldlight Oracle -> Vanish とすれば、Vanishは相手側の全ミニオンを破壊します。

また、Vanishは「プレイされた順」にミニオンを手札に戻します。

つまり、相手の手札が10枚未満で手札に戻りきれない数のミニオンを手札に戻そうするとき、新しいミニオンから破壊されます。

上記のトリックとテンポ効率を考え、VanishとSapはなるべく強力なミニオンを引きつけてから撃ちたいスペルではあります。

しかし、ここも欲張りすぎると痛い目にあうポイントなので、相手が採用してそうなカードを想像してなるべく安全圏を維持しましょう。

(追記)そのターンに相手のデッキを削れることが確定していて、なおかつ余裕がある状況であれば脅威ではないミニオンを戻す方がいいです。

具体例としてはパトロンの Gnomish Inventor や Armorsmith , Acolyte of Pain 等です。

終盤(デッキの残り枚数が一桁くらい)まである程度余裕を持って耐えていれば、このプランでの勝利は近いです。

VanishとSapが残っていればそれらを駆使して相手の動きを封じつつ、ファティーグへと一気に突入させます。

最初に書いたようにファティーグを絡めてのリーサル(トドメ)の範囲は広いので、結構ギリギリで勝ちきれる場合もあります。見逃さないようにしましょう。

(追記)慣れてくると「これは余裕でリーサルだ」とかすぐに分かるようになりますが、調子に乗って Coldlight Oracle を連発するのは割と危険です。

相手があまりドローしなかった&自分の体力がギリギリの場合、自分に入るファティーグで引き分けになってしまうというミスが発生することがあります。

ライフレースプラン

・ドローを加速するメリットよりドローを加速させるデメリットが大きいフェイス系が相手の時

・相手があまりにスローなデッキ、あるいは事故で有利を維持出来ている時

・ライフの消耗が激しいウォーロックが相手で、こちらはダメージを貰わず相手がやたらライフを消費している時

このような時、ライフレースプランが勝ち筋となります。

除去と手札戻し、Antique Healbotでダメージを誤魔化しつつ、劣化オイルローグとなってミニオンと武器でガンガン顔を殴ります。

フェイス系が相手の場合はTauntで自分を守りつつ、Antique HealbotやDeathlordをShadowstepで再利用、Gang Upするという動きで案外勝てます。

ある程度のマナ域まで到達すれば、大したことがない火力であればAntique Healbotで捌ききれます。

正直、フェイスハンターよりミッドレンジハンターのがよっぽどきっついです。

マリガン

メイジ

Coldlight Oracle、Sen'jin Shieldmasta、軽い除去を優先。

ハンター

Deathlord、Antique Healbot、軽い除去を優先。

パラディン

Coldlight Oracle、軽い除去(特にFan of Knives、Blade Flurry辺りの全体除去)、Sen'jin Shieldmastaを優先。

ウォリアー

Coldlight Oracle、Sap、Sen'jin Shieldmastaを優先。

ドルイド

Coldlight Oracle、Deathlord、Sapを優先。

ウォーロック

Coldlight Oracle、Deathlord、Sapを優先。(どちらかというとハンドロック狙い。Zoo相手には全体除去が有効)

シャーマン

Coldlight Oracle、Deathlord、軽い除去を優先。

プリースト

Coldlight Oracle、Sap,Sen'jin Shieldmasta、Eviscerateを優先。

ローグ

Coldlight Oracle、Deathlord、Antique Healbotを優先。(オイルを想定)

採用の可能性がある他のカード

Bloodmage Thalnos

デッキの水増しができるローグだからこそより採用の価値がある圧縮+スペルダメージ増加カード。

Fan of Knivesと合わせて5マナでタフネス2を一掃、Blade Flurryの威力を底上げできるのは強力です。入れ替え候補としてはPerdition's Blade辺りです。

Doomsayer

Vanish後や序盤に素出しすることでダメージを吸わせたり、相手に足踏みさせる役割です。入れ替え候補としてはSen'jin Shieldmasta辺りです。

ライフレースプランが弱くなる代わりに、ファティーグプランの戦略の幅が広がります。

Dancing Swords

高スタッツのデメリットである相手のドローをドロー強要として使えます。

しかし、スタッツが攻撃的で、こちらがドローのタイミングを選べない可能性が高いので微妙な感じがします。

King Mukla

バナナカードを強制的に2枚プレゼントします。

やや攻撃的な選択肢でありながら、ミルの戦略と相性のいいカードではありますが、多くの場合相手の選択肢を増やす結果になり、どうしてもネタ感が増し増しになります。

Clockwork Giant

極めて攻撃的な選択肢です。相手にBHGや手ごろな確定除去が無ければ、かなりリソースを浪費させることができます。

ハマれば強いカードではありますが、ミルローグに必要な要素であるかというと…疑問です。

Tinker's Sharpsword Oil

ライフレースプランの強化、中盤にBlade Flurryで中~大型ミニオンを一掃したい場合役に立ちます。

Beneath the Grounds

TGTOUT!(今更)

一見相性が良さそうですが、コメント欄で書いて下さっているように相手のデッキを減らす速度が落ちてしまうというディスシナジーがあります。

どないせえっちゅうねん。

Refreshment Vendor

TGTOUT!(今更)

海外のとある配信者がちょうど上のリストでいうとSen'jin Shieldmastaの辺りに採用しているのを見ました。

あまりピンとこない感じがしますが、3/5のボディと4点回復のバランスが良く、ヒールボットが見つからないときの保険としても機能するようです。

Sludge Belcher

NAXOUT! PogChamp

ご存知、適度なサイズを持ち、どんな打撃でも二手防いでくれる防御性能から様々なデッキに採用されている安定のカードです。

旧verのSen'jin Shieldmastaと入れ替えると良いかもしれません。

コメント

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。