• TOP>
  • ホバート・グラップルハンマー/Hobart Grapplehammer

ホバート・グラップルハンマー/Hobart Grapplehammer

TOP > ウォリアー > ホバート・グラップルハンマー/Hobart Grapplehammer

MSG


《ホバート・グラップルハンマー/Hobart Grapplehammer》はウォリアーのレジェンド・ミニオンカード。


ホバート・グラップルハンマー
コスト名前レアリティテキスト
2Manaホバート・グラップルハンマー/Hobart Grapplehammerp legendary雄叫び: 自分の手札とデッキの武器全てに攻撃力を+1付与する。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

  • 手札・デッキ内の全ての武器の攻撃力を1挙げてくれるミニオン。
    • 2マナと軽く、初手にキープも可能、最速で出せば手札・デッキ内のほぼ全ての武器を+1/+0してくれると非常に扱い易い。
    • 武器使用時に1マナ分程度のテンポブーストをしてくれているとも考えられる。
  • 問題は2マナで2/2といった平均的なスタッツと、《ン=ゾスの一等航海士/N'Zoth's First Matep のような効果で武器を装備するカードには反応しない点。
    • 海賊ウォリアーの様な海賊シナジーを持つデッキの2ターン目の動きとしてはあまり強くない可能性がある。また、序盤から盤面を取っていくアグロでは2/2のスタッツの悪さが響くことも。
    • また致命的な点として現在装備している武器には反応しない点。そのためミニオン除去の際に1点足りず、最速で出せない時がある。(装備中の武器に付与できないため)
    • 耐久度にも関与しないため、《ゴアハウル/Gorehowlp や《レンチカリバー/Wrenchcaliburp のような振り続ける事に異議のあるカードの長所を伸ばせない点もマイナス。

闘技場(Arena)

  • 闘技場武器を取れる可能性は高くないため、大抵2/2のバニラになる。
    • ピックはやめよう。

コンボ

メモ

  • 原作において種族をゴブリンでスタートした際の都市ケザンでクエストをプレイヤーに依頼するNPC。
    • 同都市において天才的なメカニックであると言われており、(実験中のアクシデントとはいえ)実際にギルブリンの誕生に大きく関わった。
    • 本人は偉大な実験成果だとして主張しているが、彼の弁護人からはアクシデントである以上ゴブリン達の誰かしらは犠牲になっているはずだと制止されている。
  • 密輸/ホバート・グラップルハンマーにより攻撃力+1。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:グラップルハンマーこそ、7つの地区で禁止令を出されたオートマチック・ピラニアランチャーを作った張本人なんだ!
  • 英:Grapplehammer is the horrible mind behind the Automatic Piranaha Launcher (banned in 7 districts)!

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。