• TOP>
  • ハンドバフミッドレンジパラディン

ハンドバフミッドレンジパラディン

TOP > 自作デッキ投稿



このデッキは、ハンドバフコントロールパラディン(マンモス版)のミッドレンジ版デッキである。

レシピ

handbuff!.png



デッキ概要

久しぶりに来たらなんだか綺麗になっていたので、ランクマ回りに回りまくった4月最終日時点でのデッキを載せようと思いました。
(何故か一応ランク6まで行けました。ランク5まで行けなかったけどちょっと嬉しい。)
今のパラディンはほとんどがマーロックかコントロールのデッキとなっていますが、このデッキは至って普通のハンドバフに仕上げています。
相手のデッキタイプに合わせて動きを多少変えながら、ステータスの高さで盤面を圧しまくりましょう。



勝利プラン(主観での戦略)

  • 対プリースト
    手札によりますが、出来る限り攻撃力を3~4、次いで体力を5~6の状態で展開できるように調整しながら戦いましょう。
    今は沈黙プリーストが流行っていますので、調整を頑張り過ぎず序盤も大切にしましょう。
  • 対(アグロ)ドルイド
    ぶっちゃけステータスのぶつけ合いになります。こちらがバフを盛れたら勝ち。相手がバフを盛れたら負けです。
    あまりミニオンの除去を意識しすぎると、動き回るマナへの対抗策がこのデッキには無いため、負けやすいです。
    フェイスも積極的に圧しましょう。
    マリガンでは特にマナカーブを意識すると良いと思います。ヒロパは出来る限り使わないように展開できると良いと思います。
  • 対メイジ
    最も自分のプレイングがブレた相手です。フィニッシュの狙い方が相手の考え方によって全然違うので、対アグロドルイドほどではありませんがマナカーブ通りに展開することが一番対応しやすいと思います。
    マリガンで絶対残すカードとは思っていませんが、秘密を喰らうもの/Eater of Secretsが手札にあると安心します。
    相手の出方によっては、水文学者/Hydrologistの発見で目には目をを選んでも良いと思います。
  • 対ウォーロック
    私が相手をしたのはディスカード(クエスト含む)かアグロがほとんどでした。
    マリガンはタール・クリーパー/Tar Creeperとマナカーブの意識だけしていました。
    ぶっちゃけウォーロックとの戦いはあまり想定していませんが、舐めてかかると低マナミニオンとディスカード特有のスタッツの暴力に沈みますので、積極的にミニオンを除去しましょう。



キーカード解説

  • ゴラッカ・クローラー/Golakka Crawler
    今でも強い海賊とクエストローグへの対抗カード。バフりながら海賊を食べて展開し、スタッツの暴力で相手を震え上がらせましょう。

追伸:獰猛なヒナ/Vicious Fledglingでは勝てませんでした・・・。申し訳ない・・・。刺さるとこには刺さるのになぁ・・・。
    クエパラ載ってないなら載せようかなぁ・・・。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。