• TOP>
  • Warlock Naxx Zoo/ナックス・ズー

Warlock Naxx Zoo/ナックス・ズー

TOP > ウォーロックのデッキ > Warlock Naxx Zoo

Warlock Naxx Zoo(ウォーロック・ナックス・ズー)はウォーロックのアグロデッキ。

レシピ例

画像クリックで詳しいデータページ(外部サイト)に飛びます。

デッキ概要

従来のZooよりも全体攻撃に強く、中期戦までもつれても勝ちきれる底力を得た。
追加カードはNaxxramasアップデートで加わった《呪われた蜘蛛/Haunted Creeperp.png 、《ネルビアンの卵/Nerubian Eggp.png 、《墓掘り人/Undertakerp.png 、《エサゾンビ/Zombie Chowp.png

長所

  • 非常に安価。
  • 世界大会でも採用される本格派。レジェンダリー満載のデッキにも勝てる。
  • 展開の遅いデッキには圧倒できる。5ターン、6ターンで勝負がつくこともある。
    • 一試合が短ければ、それだけたくさん対戦できる。たくさんランクが上がる。
  • AoEの入ったデッキにもあるていど対応できる。
  • ライフ回復のできるデッキにもあるていど対応できる。

短所

  • 従来のZooよりもプレイングが難しい。
  • 従来のZooよりも瞬間火力がやや低い。

弱点

戦略

第1ターンからミニオンを並べ、どんどんミニオンを展開して、ズラリと並べた圧倒的な数と火力の差で押し切る。

1マナミニオンが強力なのが特徴で、《炎のインプ/Flame Impp.png 、《ヴォイドウォーカー/Voidwalkerp.png 、《エサゾンビ/Zombie Chowp.png といった高レシオミニオンが1ターン目からボードを占領し、アドバンテージを取る。

バフ(Buff)が豊富なことも大きな特徴で、低マナミニオンを敵の中型ミニオンと相打ちにさせ、ボードアドバンテージを大きく稼げる。4〜6ターン目あたりで手札が切れるが、ヒーローパワーでどんどん手札を補充できる。

展開

ネルビアンの卵/Nerubian Eggp.png をどう使う?

攻撃力がなく、他者の助けがないと動けないNerubian Eggを出すことは一見テンポロスに見える。しかし、バフ(Buff)の豊富なZooなら、彼を攻撃させる手段には事欠かない。他のミニオンと同じように次のターンに攻撃することも十分可能だ。そして、それは大きなアドバンテージを得るチャンスだ。各種バフ(Buff)や《ナイフ・ジャグラー/Knife Jugglerp.png と組み合わせることによって、うまくすると敵のミニオンを倒しながら4/4のミニオンを出すことができる。また、ウォーロックならではの割り方として《凄まじき力/Power Overwhelmingp.png でターン終了時に割る、《ヴォイドテラー/Void Terrorp.png に体力を吸い取らせて割るなどの方法もある。

なぜ《エサゾンビ/Zombie Chowp.png が?

Zombie Chowは一見、Zooとは対極にあるカードに見える。しかし、Zombie Chowは序盤に出せば、これほどZooのコンセプトとマッチしたカードはない。Zooのコンセプトはボードアドバンテージを取り続けることだ。Zombie Chowの1マナ2/3という恐ろしいステータスは、1〜2マナのクリーチャーと2:1の交換が期待できる。なにより、対戦相手の体力が減っていない時にトレードしてしまえば、こっちは丸儲けだ。ギリギリ勝ちきれるかどうかという際には出さない選択肢もあるが、それは《炎のインプ/Flame Impp.png も同じ。しかし、ボードアドバンテージが取れている時に出せば、大抵は体力を回復させてしまうリスク以上の働きをしてくれることが多い。

アドバンテージの取り方

中核カード

  • 魂の炎/Soulfirep.png :強力かつ安価な除去。フィニッシュに使っても強いが、Zooではボードアドバンテージを取るために使うのが基本となる。
  • 墓掘り人/Undertakerp.png :イエティサイズ(4/5)にまで膨れ上がることも稀ではない危険なミニオン。かといって大事に育てる必要もなく、アドバンテージが取れると思ったらアッサリと中型ミニオンにぶつけてトレードしてしまってもいい。2:1どころか3:1以上の交換を望める驚異的なポテンシャルを秘めた1マナミニオンだ。
  • ナイフ・ジャグラー/Knife Jugglerp.png :ミニオンをたくさん出すZooとベストマッチ。召喚系断末魔(Deathrattle)ミニオンとシナジーがある。大ダメージを狙うためには出したターンに働かせたい。
  • ドゥームガード/Doomguardp.png :フィニッシャー。手札のない状態で使いたいが、詰められると踏んで5ターン目に召喚する場合もある。

シナジー

☆=オススメ

ネルビアンの卵/Nerubian Eggp.png

墓掘り人/Undertakerp.png

  • ☆各種断末魔(Deathrattle):全部で8枚。手元に《墓掘り人/Undertakerp.png が1枚来て残りをマリガンした時、2ターン目までにデスラトルミニオンを1枚引ける確率は先攻ならば87%、後攻ならば95%。2枚引ける確率は先攻ならば51%、後攻ならば71%となる。

呪われた蜘蛛/Haunted Creeperp.png

マリガン基準

苦手なデッキ

プリーストコントロール

パラディンコントロール

  • 意外に回復も豊富で、序盤で仕留め損なうと厳しい。
  • 野蛮な火霊術師/Wild Pyromancer?p.png はほぼ確実に採用されている。
  • 4ターン目の《聖別/Consecration》p.png もキツイ。
  • 5ターン目の《暴走コドー/Stampeding Kodop.png も地味に痛い。

ウォリアーコントロール

対Warlock Naxx Zoo

  • 敵は素早い。序盤から全速力で展開する。
  • できるだけ敵のミニオンを倒しまくる。小さなミニオンでも残しておかない。バフ(Buff)が豊富だから、残しておくとこちらの大きなミニオンを殺されてしまう。
  • ミニオンを出し惜しみしてはいけない。不利な交換になっても出す。敵は体力を削り切る手段が豊富だから、序盤に傷つきすぎると一気に持っていかれる。
  • こちらがAoEを持っているなら、タイミングを見計らう。基本は敵が畳み掛けるように並べたタイミングで出す。
    • 序盤はできるだけミニオンで応戦する。すると敵がこちらを圧倒しようと並べてくることがある。そこで打つ。
  • ドゥームガード/Doomguardp.png に対するアンサーをキープしておく。《呪術/Hexp.png 、《密言・死/Shadow Word Deathp.png Execute?p.png ……

コメント

コメントはお気軽に。(名前は無しでもOK)
「尽きぬ力は素晴らしい。尽きぬ理解はまして得がたい」

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。