• TOP>
  • トルヴィア番兵/Tol'vir Warden

トルヴィア番兵/Tol'vir Warden

TOP > ハンターのカード > トルヴィア番兵/Tol'vir Warden

UNG.jpg


《トルヴィア番兵/Tol'vir Warden》はハンターのレア・ミニオンカード。


トルヴィア番兵.png
種族テキスト
雄叫び:デッキから1コストのミニオンを2枚引く。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

戦略

4マナ相当のスタッツに加え、追加で2枚もドローするというハンター期待の新星。
実質的にはサーチに近く、引けるカードは1マナミニオンなので少々力不足ではあるが、
このカードの真価は後半に引くと困る1マナミニオンをデッキから排除する事で以後のドロー期待値を高める、いわゆるデッキ圧縮である。

今までは1マナミニオンを増やすと序盤に強くなる代わりに中~後半の事故率が増えるというのが常識で、
重めのデッキを組むハンター使いたちは配分に頭を悩ませていた。
しかしこのカードの登場により1マナ層を厚くして序盤の対策をしつつ、
中盤で《トルヴィア番兵》を使用してデッキから1マナを排除、後半戦に備えるといった動きが可能に。

炎魔コウモリ》や《野良猫》を引いて盤面を強化したり、《コンゴウインコ》や《ラプターの幼生》を引いてリソースを確保する等、
構築次第である程度狙った動きができるのも特徴。

アグロ寄りのデッキではちょうど息切れしてきたころに出して手札を補充でき、
コントロール気味のデッキでは1マナミニオンとデッキ圧縮でマナカーブ通りのプレイをしやすくするという風に
どんなデッキでも活躍できる優秀なミニオンである。

唯一、本人が獣属性でない事だけは注意しておこう。

本人のスペックは高いのだが現状のハンターはこのカードで後半戦に備えるよりも同じ5マナのツンドラサイ/Tundra Rhino
ビタータイド・ヒドラ/Bittertide Hydra巣作りロック鳥/Nesting Rocなどの決まれば強力なミニオンで圧力を素早くかけ
そのまま押し切るといった流れが主流の為今のところ目立った活躍はできていない。

闘技場(Arena)

基本的にドロー内臓ミニオンはスタッツがかなり悪くピックはあまり推奨されない。
しかしこのカードは4マナ相当のスタッツを持ち、最大2枚のドローができるため非常に優秀。
1マナミニオンを多めにピックしているのなら取って損は無い。圧縮する事で終盤のデッキトップも強くなる。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:その戦う様は非常に狂暴…そして、ペットバトルではさらに凄まじい。
  • 英:Ferocious in combat… and even more terrifying in pet battles.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします
※勝手にツイートすることはありません。