• TOP>
  • テロン・ゴアフィーンド/Teron Gorefiend

テロン・ゴアフィーンド/Teron Gorefiend

TOP > 中立コスト3 > テロン・ゴアフィーンド/Teron Gorefiend

ashes-of-outland-ja-jp-logo


《テロン・ゴアフィーンド/Teron Gorefiend》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


テロン・ゴアフィーンド
種族テキスト
雄叫び:自身を除く味方のミニオン全てを破壊する。断末魔:それらに+1/+1を付与し再度召喚する。

入手法

灰に舞う降魔の狩人カードパック、作成、闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。 
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

みんなの事前評価投票

☆☆☆☆☆ 環境を変えるほど強い。メタの中心にいる 21% 23票
☆☆☆☆  文句なく強い。デッキによく入る     29% 32票
☆☆☆   強い。デッキに入ることもある      36% 39票
☆☆    普通。環境によってはチャンスもある   6% 7票
☆     弱い。使われない          6% 7票

戦略

自分の盤面のミニオンを全て破壊し、断末魔としてそれらを+1/+1にして復活させるミニオン。
自分のミニオンを破壊するため使い所は限られるが、断末魔でミニオンを召喚できる卵系のミニオンと共に採用されている。
テロンが破壊された後の卵はバフされて出てくるため、能動的に動けることになり相性が良い。

本体も3マナ3/4の最良スタッツで生き残りやすく、テロン自体を血盟の傭兵モクナサルのライオン/Mok'Nathal Lionなどでコピーできれば強力な盤面となる。
肉食キューブに近い運用ができるため、ワイルドでもキューブロックなどで採用の余地がある。

闘技場(Arena)

3/3/4スタッツが心強い。
ダメージを負った自分のミニオンを破壊して復活させればテンポも取り返せるため悪くないピック。

コンボ

デッキ

メモ

  • 元は「テロンゴル」という名前のオーク。グルダン配下のウォーロック影の評議会結成メンバーの一人。そしてデスナイトの祖。
  • 第一次大戦末期、オーグリム・ドゥームハンマーによるグルダン一派粛清に巻き込まれて最初の死を経験する。後にグルダンの手によって世界最初のデスナイトとして復活し、第二次大戦では「テロン・ゴアフィーンド」の名で恐れられるようになった。最終的にはテュラリオンに討たれるも、復活を予告し魂だけは逃げ去った。
  • それからしばらく間が開いて、アウトランドに遠征してきたアゼロスの冒険者を騙くらかし予告通り復活。その後はイリダンの根城である黒の神殿に腰を落ち着けているので、明言はされていないがイリダン党に擦り寄ったものと思われる。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:「大丈夫だ、味方のミニオンどもよ!大丈夫だから!母ちゃん達には内緒だ!」
  • 英:"You’re fine, friendly minions! You're fine! Don’t tell Mom!"

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。