• TOP>
  • ダーク・ウィスパー/Dark Wispers

ダーク・ウィスパー/Dark Wispers

TOP > ドルイド > Dark Wispers


gvg




《ダーク・ウィスパー/Dark Wispers》(ダーク・ウィスパーズ:闇の漂い)はドルイドのエピック・呪文カード。


ダーク・ウィスパー
6Manaダーク・ウィスパー/Dark Wispersp epic以下の2つから1つを選ぶ。
「あなたの場に5体のウィスプp を召喚する」
「ミニオン1体を対象とする。それは5/+5の修整を受け、挑発(Taunt)を得る」

入手法

ゴブリンvsノームカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは400で、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが1600必要で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。

戦略

1/1が5体並んでも、AoEで即死するのでリスクが大きい。というか、6マナあれば6/6くらいは普通に出せるわけで、大型1体と小型複数という差を鑑みても物足りない。

コンボ自体は色々考えられるのだが、とにかくこいつが6マナというのが足を引っ張る。終盤でマナをほとんど使い切り、コンボ要員を含んだ2枚以上のカードを消費するのであれば、一気に勝負を決するくらいの効果は見込みたいところである。

そしてもう一つの+5/+5&挑発(Taunt)を与える効果だが、これもやはり重さが目立つ。単純にミニオンを倒すには過剰すぎるし、返しのターンで即死を取られるリスクも高い。攻め手にするならこのマナでミニオンを出した方がいいし、手札を減らさず5点与えられる《星の炎/Starfirep のことも顧みておくべきだろう。

総合すると、「どっちの効果も弱い」という、全体的に有能揃いの選択(Choose One)にあるまじきスペルである。コンボ性は高いので、特化したデッキを組んでみたくなる類のカードではある。

闘技場(Arena)

返しでやられるリスクはいくらか少なくなるが、根本的なところは変わらない。優先順位は高くはないだろう。ドルイドのエピックは強カードの方が多いし。

コンボ

メモ

フレーバーテキスト

  • 日:アヒルと会話できる人…それはダック・ウィスパー。
  • 英:Don't worry; we fired the person who named this card.
  • 訳:ご心配なく; このカードの名前を付けた者は解雇しました。

自由帳

パッチ修正

  • ゴブリンvsノーム (December 2014):追加。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。