• TOP>
  • スカーギル/Scargil

スカーギル/Scargil

TOP > シャーマン > スカーギル/Scargil

aku


《スカーギル/Scargil》はシャーマンのレジェンド・ミニオンカード。


スカーギル
種族テキスト
マーロック自分のマーロックのコストは(1)になる。

入手法

爆誕!悪党同盟カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

みんなの評価投票

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

このカードを評価する上で、重要なのは「どれほどコスト軽減を活かせるか。」である。
例えば、スカーギル→《マーロックのタイドハンター/Murloc Tidehunter》→《コールドライトの予言者/Coldlight Seer》と展開した場合、
スカーギルの効果によって得たマナアドバンテージは3マナ分となる。
スカーギル召喚に4マナ払っている為、スカーギルの仕事量は1/4/4。(+ソフトトーント)
これだけ見ると悪くなさそうに見えるが、以下の理由から採用されることは少ない。

まずマーロックデッキは手札がカツカツである。
よほどのことがない限り、このカードを出したい6~7マナ帯では既に手札が尽きかけている頃。
他に手札がないと何もできないスカーギルはこうした時腐ってしまう。
一応4/4なので能力を考えずに出しても最低限の仕事はするのだが、それなら他のマーロックを採用した方が良いだろう。

また、1マナのマーロックに対して影響を及ぼさないのも弱いポイント。
さらに、《ヘンチ・クランの妖婆/Hench-Clan Hag》や《マーロックの魂/Soul of the Murloc》等に影響を及ぼせないのも弱点と言えるだろう。

一応ワイルドのクエストシャーマンなら採用する余地もある。
主に達成後に《メガフィン》と組み合わせて大量展開することができるからだ。

闘技場(Arena)

ほとんどの場合4/4/4以上の活躍はしないだろう。
他が酷ければ取る程度。

コンボ

アングラ・アングラー/Underbelly Angler》、《幽霊ライト・アングラー/Ghost Light Angler》:残りマナの分だけ展開が可能。
メガフィン》:スカーギルを(実質)タダ出ししつつ、メガフィンで加えたマーロックのコストも下がる。

デッキ

メモ

0マナである《マーロック・タイニーフィン/Murloc Tinyfin》や、《遠見/Far Sight》等で0マナになったマーロックも1マナになってしまう。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: ヤツが傷を負った理由を知りたいって?ヤツもそうさ。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。