• TOP>
  • ゴリラロボA-3/Gorillabot A-3

ゴリラロボA-3/Gorillabot A-3

TOP > 中立コスト4 > ゴリラロボA-3/Gorillabot A-3


loe.jpg




《ゴリラロボA-3/Gorillabot A-3》 は共通のコモン・ミニオンカード。


ゴリラロボA-3.png
4Mana.pngゴリラロボA-3/Gorillabot A-3p.png メカcommon.png(3/4) 雄叫び(Battlecry):味方に別のメカがいる時、メカ1体を発見(Discover)する。

入手法

アドベンチャーモードの探検同盟の勝利品。
一度入手すればクラフト、ディスエンチャントが可能。
クラフトに必要なダストは40で、ディスエンチャントで5ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが400必要で、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

メカが入れば更にメカを手札に追加する、4マナ3/4。
3マナのメカに3/4がいるので、発見能力は1マナとトレードという形になる。

メカ専用デッキは序盤から大量の手札を消費し、次々とメカを展開することが多く、
盤面にメカがいる条件・能力による手札補充は満たしやすく、発動すれば嬉しい効果と言える。
自身もメカ、手に入るカードもメカなので、《メカワーパー/Mechwarperp.png とのシナジーはピカイチ。
マナコストを下げて出し、手に入ったメカもコストを下げて続けて展開できることもある。

しかしメカの4マナには最強のミニオン手動操縦のシュレッダー/Piloted Shredderp.png がいる。
もちろん両方投入することも十分可能だが、例えばメックメイジは既に4コスの枠が厳しくこのカードを投入するスペースがないことが多い。
メックシャーマンは4マナ以上のミニオンはほとんど投入されておらず、軽いミニオンとスペルでフィニッシュすることが多い。
なかなか居場所を見つけるのが難しいミニオンかもしれない。
ミッドレンジのメカデッキの誕生となれば有力な候補だが、メカと言えばアグロであり、ハンドは稼げるがテンポは失いやすいこのカードの評価はそこそこ程度である。

スタンダードの場合、メカミニオンがこれ含めて7体+メカを召喚するミニオンが1体とかなり少なく、雄叫びの条件を満たすのがまず困難。条件を満たした場合、約43%でこのカード自身が発見候補に並ぶ。

闘技場(Arena)

メカは比較的ピックしやすいが、闘技場では相手のミニオンを残らず倒すのが基本であり、盤面を奪われているとシナジーは難しい。
安いメカが3枚もピックできたら十分期待できるが、それ以下では避けるべきだろう。

コンボ

パッチ修正

  • 探検同盟 (2015.11.13):追加。

フレイバーテキスト

  • 英:A-1 and A-2 went nuts, when they should have gone bolts.
  • 日:A-1号とA-2号はナットとナッツを間違え、消化不良により大破した。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「彼は私の夢の一部分でありながら、私も彼の夢の一部分だった。」―― ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。