• TOP>
  • カワキタニの看守/Drygulch Jailor

カワキタニの看守/Drygulch Jailor

TOP > パラディン > カワキタニの看守/Drygulch Jailor

knc


《カワキタニの看守/Drygulch Jailor》はパラディンのコモン・ミニオンカード。


カワキタニの看守
種族テキスト
断末魔:「シルバーハンド新兵」3体を自分の手札に追加する。

入手法

コボルトと秘宝の迷宮カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

みんなの評価投票

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

2/1/1、断末魔で3枚の新兵カードを手札に加える。
5マナで1/1が4体と考えた場合、奴らにフカき眠りを/Call in the Finishers闇への抵抗/Stand Against Darknessに比べてコスト・パフォーマンスが一段落ちるという明らかに弱いカードであるため、使用するためには工夫が必要となる。

1/1/1が大量に手札に入るという性質から、運び屋の走り/Smuggler's Run等の手札バフと相性がいい。
また闇への抵抗の様に一度に5マナ要求されるというわけでは無いため、マナの支払い方で融通が効く。ある程度重い全体強化カードとコンボさせる場合は有効だろう。
一気に3枚の新兵を獲得できるため、《レベルアップ!/Level Up!》や《光合のステゴドン/Lightfused Stegodon》と組み合わせると強力。ミニオンをたくさん並べるという点から《太陽の番人タリム/Sunkeeper Tarim》とも好相性。
さらに新兵ともども体力1である点から、《ダークシャイアの管理官/Steward of Darkshire》とのコンボもなかなか嫌らしい。

以上の様に、シナジーが豊富である点とカードとしての扱い易さが評価されている。
新兵パラディンや、アグロパラディンで採用される。

手札が一気に3枚も増えるため、手札枚数には注意。
神聖なる恩寵/Divine Favorコールドライトの託宣師/Coldlight Oracleの様な大量ドローが絡むと、意外と簡単に10枚を超えてしまう。
相手のタイミングでも起動し得るため、狙ってドローを燃やされたり、例えば相手の神聖なる恩寵/Divine Favorに逆利用されてしまう事も。

闘技場(Arena)

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ロウソク盗ル罪:六ターン以上十ターン以下の懲役に処する。
  • 英: Hard time: 6-10 turns for candle-nappin'.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。