• TOP>
  • アヌバラク/Anub'arak

アヌバラク/Anub'arak

TOP > ローグのカード > アヌバラク/Anub'arak






《アヌバラク/Anub'arak》はローグのレジェンド・ミニオンカード。

我、深淵より来たれり!!

アヌバラク

忘却の淵に沈めぇ!!

9Manaアヌバラク/Anub'arakp legendary断末魔(Deathrattle): このミニオンをあなたの手札に戻す。4/4のネルビアンを召喚する。

入手法

グランド・トーナメントカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。
作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

  • ローグの無限リソース型フィニッシャー。
  • 9マナで8/4。4/4を残すと考えると強そうだが、合計体力は8と結構低い。
    • 体力4はスペルで一撃除去されやすいのであまり良いとは言えない。
  • このカードの最大の特徴は1ゲーム単位でのしぶとさである。倒されても4/4を残し、更に手札に復活する。
    • 以上の特性は闘技場(Arena)では非常に強力と予想される。後半戦、トップで引き当てればもうミニオンがいない、小粒しか引けないから押されてしまうといった心配はない。
    • ただ、構築戦でこのカードを何度も何度も出すようなシチュエーションはかなり少なく、9マナも出せるならもっとボードへの影響力が高いものを選んだ方が賢明であろう。しかもローグ側もそこまで長引かせる前提の構築は稀である。
  • にされる、にされる、沈黙(Silence)を受ける、コントロールを奪われるなど対策はいくらでもあるため不死身ではない点だけは注意。
    • 特に返しに《精神支配/Mind Controlp された日には倒すと相手の場にネルビアンが出る上に相手の手札に戻って行く。
  • 不安定なポータル/Unstable Portalp などで引っ張ってきた場合は相手次第ではものすごい活躍をすることがある。特にコントロールウォリアーはこのカードに対抗する手段がないため、無限に復活するこの1枚で敗北が決定してしまうほど。
  • 出されてしまった場合の対処法は無視してそのままフェイスへアタックである。それ故に挑発(Taunt)と相性が良い。
    • …と思われるがヘルスが4しかない上、重いので同ターンに取れる行動がほぼ無いのが辛い。

闘技場(Arena)

  • 序盤中盤をある程度耐えるデッキなら十分に活躍する。1枚のカードパワーが大事なゲームで、無限に復活し更に4/4を残す時点でかなり強い。

コンボ

パッチ修正

  • グランド・トーナメント (2015.8):追加。

フレイバーテキスト

  • 英:Was actually a pretty nice guy before, you know, the whole Lich King thing.
  • 日:いやー、あいつ前はいいヤツだったんだよ、でもほら、リッチキングが…さ。

自由帳

  • ノースランド(北極)にある蜘蛛族ネルビアンの帝国アジョルネルブの王だったアンデッド。
    二次大戦と三次大戦の間、蜘蛛戦争と呼ばれる戦いで帝国は《リッチキング/The Lich Kingp に滅ぼされ、王族を含む死亡者もアンデッド化され《リッチキング/The Lich King》の手下になった。
    まだ生きているネルビアン達からはTraitor King(売国の王)と呼ばれている。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。