• TOP>
  • 生成おススメレア/コモン

生成おススメレア/コモン

こちらに投稿した記事と同じ内容となっております
https://dekki.com/ja/games/gwent/posts/discussion/WDRVjQecgw

どのデッキにも必ず採用される。という訳ではありませんが、数あるレア/コモンのカードの中で特に汎用性が高く様々なデッキに入るカードを紹介していきたいと思います。
グウェントを始めた時に貰えるスターターデッキを強くしていくうえで作っておいて損はないカードという認識で見て頂ければ幸いです。
※なおこの記事はパッチ4.0.3(10月26日時点)でのゲーム環境等を元に作成しました

モンスター
エンドレガの幼虫
カード解説 同様の効果を持つネッカーに比べてアーマーが2付いてるので倒しにくく、且つ元の戦力値が1なので成長を発動させやすい。

自然淘汰
単純に4コス4点は使いやすい。ダメージが超過してもその分ドローンが生成されるため、確実に4点分の働きをしてくれるのも嬉しい。

ニルフガード
暗殺
カード解説 最大6点ダメージになるため大抵の低~中コスユニットを除去することができる。戦術カテゴリーであるため、メノ・クーホルンでサーチしたりヘルゲとのシナジーが期待できる。

馬上試合
カード解説 相手のユニットを除去するのもよし、状況に応じて自軍ユニットをブーストして守ってもよしと臨機応変な動きができるので非常に使いやすい。暗殺と同様に戦術カテゴリーであるため、メノ・クーホルンでサーチしたりヘルゲとのシナジーが期待できる。

帝国の予見者
カード解説 ユニットに付与された守護者や懸賞金、封印、出血、毒といった状態を打ち消すことができる。また同化アビリティを持っているので《帝国の外交術》や《公爵の情報員》で入手したカードをプレイすることで自身の戦力値をブーストできるのが強い。

北方諸国
レダニアの射手
カード解説 毎ターン終了時に貯まるチャージによってダメージを継続的に与えられるのが強い。相手からすればマストで除去したくなるユニット。

レダニア騎士
解説:毎ターン終了時にブーストしてくれるためポン置きしておくだけでも十分強い。ダメージ手段を持たない相手には非常に厄介な存在となる。

スコイア=テル
ドワーフの狂戦士
カード解説 4コスで7点分の働きをしてくれるのが純粋に強い。加えてドワーフカテゴリーであるため《焼き戻し》によるサポートや《マハカムの守衛》《ドワーフの傭兵》などのドワーフユニットとの強力なシナジーが期待できる。

ハウが-の密売人
ハンドバフシナジーを持つスコイア=テルのカードと相性が良い、また人間カテゴリーであるため調和アビリティを持つ駆け出しのドリアードやドリアードの猟兵などのブーストを発動することができる。

スケリッジ
スヴァルブロドの司祭
カード解説 《テルショックの古参兵》や《スヴァルブロドの狂信者》等のダメージを受けることでメリット効果が発動するユニットと非常に相性が良い。また右隣にアーマー持ちを置くことで実質デメリットなしで毎ターン終了時に2ブーストを得ることができる。

装甲ドラッカー船
上記のスヴァルブロドの司祭と非常に相性が良い、相手のランダムダメージの受け皿になったり、マードローメと組み合わせることで超ブーストをかけることができる。

シンジケート勢力はスターターデッキが存在していないため始めたばかりの人がデッキを作るのが難しいと判断したため、今回は解説を見送らせていただきました。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 グウェント日本語攻略Wiki~GWENT DATABASE~
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

グウェント日本語攻略Wiki~GWENT DATABASE~へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。