【FF7リメイク】ダストドーザー

FF7R(FF7リメイク,ファイナルファンタジー7リメイク)の「ダストドーザー」のボス情報について掲載しています。弱点、耐性、HPなど基本ステータスやドロップアイテム、ラーニングできる敵の技についてまとめています。

ダストドーザーのステータス

難易度別EASYNORMALHARD
HP147552682889604
経験値4004004500
AP101030
ギル4004002250
物理攻撃124124463
魔法攻撃124124463
物理防御114114379
魔法防御115115385
弱点属性雷(2.0倍)
耐性属性なし
無効属性割合ダメージ(0.0倍)
状態異常耐性毒(無効)、沈黙(無効)、睡眠(無効)、スロウ(無効)、ストップ(50%)、バーサク(無効)
部位破壊ジェネレーターコア
右前脚、左前脚、右後脚、左後脚
右副砲、左副砲
装甲
出現場所【チャプター5】螺旋トンネル:E区画:旧車両基地区画

No.082『ダストドーザー』

ラーニングできる「てきのわざ」

てきのわざ特に無し

入手アイテム

ドロップメタルナックル
【レア】なし
盗むファイアカクテル

【ノーマルモード】ダストドーザー戦の攻略ポイント

ポイント1: 部位破壊でバーストを

◆「サンダー」でダメージを稼ぐ
「サンダー」でダストドーザーの雷弱点をつくと、部位破壊を狙いつつバーストゲージを溜めやすいです。

ポイント2:コンテナで攻撃を防ぐ

◆コンテナを利用して攻撃を防ぐ
周囲にあるコンテナの後ろに退避すれば、「クラスターミサイル」や「ターゲットロック」のダメージを防ぐことが可能です。

ポイント3:電磁フィールドは回避

◆レール上の電磁フィールドはHP回復のチャンス
レールを利用した電磁フィールドは、レール外に退避するだけで回避できるので、余った時間でHP回復しておきましょう。

ダストドーザー戦の立ち回り

  • 脚の部位破壊をするとバーストしやすい
  • 近くのコンテナを利用することでミサイルなどの攻撃を防ぐことができる
  • 電磁フィールドは回避可能
  • 空中の敵はティファで対応する
  • レールへの電気攻撃はレールのない足場に退避して回避する
    退避中にHP回復をして体制を立て直しましょう

【ハードモード】ダストドーザー戦の攻略ポイント

ダストドーザーの形態移行

第一形態

条件ボスの残りHPが100~70%の時
  1. 相手が近くにいる時は、『回転火弾』や『電磁フィールド』などを使って来ます。
  2. 相手が遠くにいる時は、『旋回斉射』や『クラスターミサイル』などを使って来ます。
  3. また、『ターゲットロック』でマーカーを表示させた相手を集中攻撃して来ます。(マーカー表示中のみ、『連射砲』や『火炎放射』を使います)
  4. いずれかの部位を破壊する事で、バーストゲージが一気に170増えます。(バーストゲージの限界は400です)
  5. 右副砲と左副砲を破壊された後は、『旋回斉射』を使わなくなります。

第二形態

条件ボスの残りHPが69~40%の時
  1. 最初に、スタンレイを3体出現させます。
  2. それ以降も、いずれかの部位が破壊されるか、あるいはヒート状態・バースト状態が終わるかする度に、『増援要請』を使って呼び出します。
  3. ダストドーザーが第三形態に移行する時には、残っていたスタンレイは無くなります。

第三形態

条件ボスの残りHPが39%以下の時
  1. 今までに繰り出して来たアクションは、ほとんど全て強化されます。
  2. また、『連射砲』『火炎放射』を無条件で使って来ます。
  3. 定期的に『突進』や『レールサンダー』を使って来ます。
  4. バーストしやすくなります。しかし、バースト時間は短くなります。

ダストドーザーのポイント

  1. 難易度がHARDの時は、部位破壊が難しくなります。
    (各種の脚と副砲のダメージ倍率が『魔法攻撃でのダメージ半減』になり、右前脚と左前足は『物理攻撃でのダメージ半減』になります。)

全体的なポイント

バーストさせてジェネレーターコアを攻撃すると良いでしょう。
ダストドーザーは動きは鈍いものの、ステータスが高く、攻撃・防御両方においてかなり強いです。

バースト中などに露出するジェネレーターコアが弱点なので、まず左前脚などの部位を破壊してバーストゲージを増やしバーストを狙い、それからジェネレーターコアを集中攻撃しましょう。

更に、広場の中央にあるコンテナに身を隠す事で、『クラスターミサイル』以外の攻撃は味方に届かなくなります。
これを利用し、バレットを操作にして、敵の攻撃をコンテナで防ぎながら遠くからダメージを与えていくと、かなり高い勝率で勝てます

第二形態への対応ポイント

増援として、スタンレイが現れます。
『サンダー』などの遠隔攻撃を使い、『スタンレイ』を優先的に倒しながら、ダストドーザーと戦った方が良いでしょう。

第三形態への対応ポイント

『レールサンダー』を使われてしまうと、広場の中央のコンテナが吹き飛んでしまい、コンテナの裏に身を隠す戦略が出来なくなります。
ただし、ダストドーザーをバーストさせると装甲を攻撃出来るようになり、装甲を破壊する事で、ジェネレーターコアが露出したままにする事が出来ます。
そうなれば、もう勝ちは目前で、ジェネレーターコアにリミット技などを使ってトドメを指して終了です。

レールサンダーは、足元が光ってない場所が安全地帯です。
安全の為、ガードしたまま歩いて、位置を調整すると良いでしょう。

全体的な流れ

『ジェネレーターコアが隠れている時は、各部位を破壊してバーストゲージを増やす』
↓↓
『バーストさせたら、露出したジェネレーターコアを狙って攻撃。物理攻撃が特に有効』
と覚えておくと良いでしょう。

ダストドーザーがヒートする状況

  1. 第一形態、第二形態では、HPが最大値の『9%』減った直後の10秒間です。
    (ヒート中のバーストゲージ増加量は1.7倍です)

ダストドーザーの注意すべき技

レールサンダー

第三形態が使って来ます。かなり強いです。
地面のレールに電気を流し、初回は8秒後、2回目以降は6秒後(難易度がHARDの時は3秒後)に、レールに沿って大爆発を起こします。
レールサンダーは、足元が光ってない場所が安全地帯です。
威力:400(クラスターミサイルは威力80なので、クラスターミサイルの5倍)

FF7リメイクの関連リンク

BOSS一覧

BOSS攻略一覧
ガードスコーピオンダストドーザー
エアバスターレノ
ルードヘルハウス
アプスグロウガイスト
エリゴルレノ&ルード
アノニマスアプス(2回目)
ヘリガンナーサンプル:H0512
ジェノバbeatルーファウス&ダークネイション
ハンドレッドガンナーフィーラー=プラエコ
セフィロス
なんでも屋クエストBOSS
ベヒーモス零式
裏BOSS
モルボル
プラウド・クラッド零号機

【FF7リメイク注目記事PICKUP!!】

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 FF7リメイク攻略まとめWiki【ファイナルファンタジー7リメイク】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

FF7リメイク攻略まとめWiki【ファイナルファンタジー7リメイク】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。