• TOP>
  • 【ファイアーエムブレム風花雪月】戦闘パートで効率よく戦うコツ

【ファイアーエムブレム風花雪月】戦闘パートで効率よく戦うコツ

ファイアーエムブレム風花雪月(FE風花雪月)の戦闘パートの戦い方のコツについてまとめています。

まずは設定を変える

デフォルトの設定ではカメラが近くグリッド線(マス目を区切る縦横の線)も表示されていないので、マップの広域を正確に把握することできない。
設定でグリッド線を表示させ、「マイナスボタン」でカメラを引いてからプレイするようにしよう。

味方の強さを把握する

味方の役割を知っておこう

味方のステータスをチェックし、どの役割が適しているかを知っておくと、戦術を考える時の基準になる。

主な役割特徴
万能アタッカー・攻速が高い
・射程1と射程2の武器を所持できる
【おすすめクラス】
ソードマスター」「勇者」「グラップラー
【使い方】
どんな相手にでも追撃し、1体を確殺できるエース
物理アタッカー・力が高い
・威力が高い戦技を所持している
【おすすめクラス】
ウォーリアー
【使い方】
防御が低い敵を一撃で敵を倒すことで反撃の隙を与えない。
魔法アタッカー・魔力が高い
・威力が高い戦技を所持している
【おすすめクラス】
ウォーロック」「ダークビショップ
【使い方】
耐魔が低いアーマーなどに大ダメージを与える
遠距離アタッカー・弓で遠距離から反撃を受けずに攻撃する
・射程が伸びる戦技を所持している
【おすすめクラス】
スナイパー
【使い方】
遠距離から安全に削るのに向いている。弓を使い飛行ユニットを一撃で倒す
高移動アタッカー・騎馬や飛行に載っている
・移動力が高いアタッカー
【おすすめクラス】
パラディン」「ドラゴンナイト
【使い道】
遠距離攻撃の敵に一気に近づき仕留める、単独行動で邪魔な敵を排除するなど使い道が豊富
物理受け・防御が高い
・追撃を受けない程度の速さを持つ
【おすすめクラス】
フォートレス
【使い方】
物理攻撃を使ってくる敵の攻撃範囲に入り敵をおびき出す
魔法受け・耐魔が高い
・追撃を受けない程度の速さを持つ・遠距離攻撃可能
【おすすめクラス】
ウォーロック」「ダークビショップ」「ビショップ
【使い方】
魔法攻撃を使ってくる敵の攻撃範囲に入り敵をおびき出す
回復役・白魔法が使える
・魔力が高い
【おすすめクラス】
ビショップ
【使い方】
白魔法で傷ついた仲間を回復する

メンバーバランスが大事

上記の役割のキャラをバランスよく育てることが大切。それぞれの役割をこなせるキャラを最低1人は育成しておこう。

戦闘は常にチェックするクセをつけよう

敵のステータスをチェック

敵の特徴や攻撃手段は必ずチェックしよう。物理攻撃を使ってくる敵には「物理受け」、魔法攻撃を使ってくる敵には「魔法受け」など敵の攻撃手段によって対応するキャラが変わるからだ。
特に攻速は優先的にチェックし、追撃を受けないように気を付けよう。

敵の移動範囲を常にチェック

「ZRボタン」を押すと敵の攻撃範囲をチェックできる。打たれ弱いキャラが敵の攻撃範囲に入らないように常に気を配ろう。

敵の計略をチェック

敵も騎士団を装備していることがあり、計略でこちらに大きな被害を出してくることがある。
敵ステータス画面で騎士団のチェックができるほか、敵アイコンの左下に緑色の印があったら計略を持っている合図。

戦闘の基本は人数差をつくること

敵をおびき出そう

基本的にこちらから攻めるのではなく、相手をおびき出して各個撃破していくことが戦闘の基本。敵を残してしまうと次の敵ターンで後衛キャラがやられてしまう危険性があるので、誘い出した敵や攻めてくる敵は1ターンですべて倒すことが重要。

単騎特攻は要注意

強いキャラでも敵に囲まれたら一瞬でやられてしまうので、むやみに敵に突っ込まないようにしよう。

回復は敵の攻撃範囲外で

回復役はとにかく打たれ弱いので、敵の攻撃範囲には入れたくない。前衛のキャラで壁を作り、攻撃受けない状況で回復することを心がけよう。

ファイアーエムブレム 風花雪月 攻略 関連リンク

コメント

アクセスランキング

最新の更新ページ


更新ページをもっと見る

最新コメント


コメントをもっと見る

動画


▶︎動画をもっと見る

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ファイアーエムブレム 風花雪月攻略wiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ファイアーエムブレム 風花雪月攻略wikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。