• TOP>
  • 「CODE VEIN(コードヴェイン)」とは

「CODE VEIN(コードヴェイン)」とは

最終更新:7日前

ストーリー・世界観

 決して遠くない未来、世界は唐突に崩壊の時を迎えた。“審判の棘”に貫かれて地殻は無残に裂け、繁栄の象徴たる人類の建造物が墓標のように佇む。
 そこには、吸血鬼(レヴナント)と呼ばれる者たちがかろうじて生き延びる、“ヴェイン”と呼ばれる閉鎖社会があった。

 滅びに抗うために人であることを棄てた吸血鬼(レヴナント)たち。
 彼らは超常的な力の代償として人としての記憶の大部分を喪いながらも、血を吸うことでかろうじて人間性を保ちつづけている。
 血の欠乏は、彼らを人の心を喪った堕鬼(ロスト)へと変貌させてしまうのだ。

 無数の堕鬼(ロスト)たちが跋扈し、血の渇きをかきたてる瘴気が蔓延する閉鎖世界で、吸血鬼の仲間とともに、血と真実を求めての探索が始まる。この世界に出口はあるのか? 自分たちは何故生まれたのか?
 彼らの絶望的な旅は、やがて“ヴェイン”に眠る巨大な秘密へとつながっていく。

ゲーム概要・システム

 プレイヤーは超常的な能力を持つ吸血鬼(レヴナント)となり、仲間たちと共に世界の真実に挑む「ドラマティック探索アクションRPG」。レヴナントたちは、生き延びるために隔絶された社会「ヴェイン」の中で生活している。人を超えた存在だが、その代償として記憶の大半を喪失。また、血が欠乏したレヴナントは堕鬼(ロスト)と呼ばれる化け物に変貌してしまう。

 ダンジョンでは、「バディ」をひとりだけ連れて探索をすることが可能。連れて行けるバディは物語の進行とともに増えていく。バディのAIはかなり調整する。ともに恐れおののき、ともに支え合って困難を乗り越えるプレイヤーとバディ。未知の光景に辿り着いたときには、ドラマティックな感動を抱くこと請け合いだ。

 絶望的な状況でも心強いバディとともにチャレンジし、ともに苦境を乗り越えることで、新たなドラマが紡がれてゆく。

 レヴナントが主に扱うのは、大剣や片手剣などの近接武器。槍やハンマー、薙刀なども存在。

「吸血牙装(ブラッドヴェイル)」

 ブラッドヴェイルとは、ロストの血を吸うレヴナント独自の装備。通常時は衣服の形状をしており、防具としても機能する。吸血時には専用の機構が露出し、使用者のマスクも禍々しく変化する。

特殊能力「錬血」

 ブラッドヴェイルによる吸血攻撃が成功し、ロストから入手した血によって発動できるアクション。自身の強化や敵の弱体化、直接攻撃など様々なものがある。

開発スタッフ

  • プロデューサー:飯塚啓太氏
  • ディレクター :吉村広氏
  • チームリーダー:富澤祐介

開発者インタビューから

  • 『ゴッドイーター』とは別ラインで開発を進めている。
  • ゲームエンジンは「Unreal Engine 4」を採用。
  • 実機映像は5月初旬に公開予定のPVでお披露目。
  • 日本発でワールドワイドを目指す。
    富澤祐介氏はチームリーダーとして『ゴッドイーター』と『コードヴェイン』全体を見ていく。

発表前のティザー映像

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

動画


▶︎動画をもっと見る

最新コメント

{{error}}
最新の{{count}}件

最新の更新ページ

{{error}}
最新の{{count}}件
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 CODE VEIN(コードヴェイン)攻略まとめwiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。