• TOP>
  • 【スプラトゥーン2】ガチマッチ

【スプラトゥーン2】ガチマッチ

ここでは、スプラトゥーン2のガチマッチについてまとめます。

ガチマッチとは

前作スプラトゥーンにおいては、ウデマエ(プレイヤーの上手さの指標)が上下しないゲームモードレギュラーマッチ?に対して、勝ち負けによってウデマエが上下するガチマッチというゲームモードがあった。スプラトゥーン2においても、この切り分けは同等と思われます。(レギュラー、ガチ以外に、プライベートマッチ(通称プラベ)もあった。プラベも、レギュラーと同様、勝ち負けがウデマエに影響はしないモード)

前作においては、レギュラーマッチは、塗った面積を競うナワバリバトルの1種類のルールであった。
ガチマッチは、2チームに分かれて戦うガチエリアガチヤグラガチホコの3ルールがあった。

ガチマッチのマップはナワバリバトルと同様、2時間ごとにランダムに2種類が選ばれると思われる。(前作は4時間でしたが、今回は2時間になる、という情報が海外メディア「Nintendo Everything」が、2017年5月7日に公開した記事で報道されています。ソースは英国のゲーム雑誌「EDGE」に掲載された、『スプラトゥーン2』プロデューサーである野上恒氏のインタビュー。公式発表があれば修正します)

ガチエリア

  • 指定の枠(エリア)の中を自チームの色で塗ると「確保」できる。塗替えされると中立になり、さらに塗られると「奪われる」。
    • 「確保」している間、タイマーが100から減っていき、これを先にゼロにしたチームの勝ち。

スプラトゥーン2での変更点

  • エリア内の塗り状況が、メーターで表示されるように
    • 今までは何となくでしかわからなかったのが数値かされることで、塗りに行くか守りに行くかなどがわかりやすく
  • また敵の奇襲(気づかぬうちに反対側から塗られる)にも気づけるように

ガチヤグラ

  • ステージ中央に配置された「ガチヤグラ」に乗り込み、先に相手ゴールにヤグラを押し込んだほうが勝利となるルール。
    • ヤグラに乗ると、敵陣方向へとヤグラが進んでいく、時間切れの場合はより相手ゴールの近くまで進めたチームの勝利となる

スプラトゥーン2での変更点

  • レール途中の重要地点に“カンモン”が設置。“カンモン”上ではヤグラが一時停止する
    • これにより、一瞬で進められて負けることはなくなったが、逆転も難しくなっている

ガチホコ

  • ステージ内に配置された“ガチホコ”を奪って、相手陣地のゴールにタッチダウン(ガチホコを持ってゴールに入る)したチームが勝利となる
    • ガチヤグラと違い、プレイヤーが自由にホコを持ってウロウロするので、よりチームワークが大事
  • 最短ルートを選択すれば、ものの数十秒で試合が終了することもある。
    カウントリードすると逆転勝利。

スプラトゥーン2での変更点

  • 今回のガチホコから発射できるガチホコショットは、最大までチャージすると着弾した地点に爆発を起こす。
    • 「守り」よりも「攻め」が得意になっている
  • 自爆があるかは現在不明

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

最新の更新ページ

{{error}}
最新の{{count}}件

▶更新ページをもっと見る

最新コメント

{{error}}
最新の{{count}}件

▶コメントをもっと見る

動画


▶︎動画をもっと見る

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 スプラトゥーン2攻略&フレンド募集コミュニティ【Splatoon2】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。