• TOP>
  • モグリの薬屋/Unlicensed Apothecary

モグリの薬屋/Unlicensed Apothecary

最終更新:14日前
最終コメント:20時間前
コメント(60)

TOP > ウォーロック > モグリの薬屋/Unlicensed Apothecary

MSG.png


《モグリの薬屋/Unlicensed Apothecary》はウォーロックのエピック・ミニオンカード。


モグリの薬屋.png
種族テキスト
自分がミニオンを召喚するたび、自分のヒーローに5ダメージ与える。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

注意点

  • ミニオンを手札から出すだけでなく、効果でミニオンを召還した場合もダメージを受ける。
  • 「敵ミニオンを召喚する」効果について、自分が使った場合も相手に使われた場合も共にダメージを受ける。
  • 泣き叫ぶ魂/Wailing Soulなどの雄叫びで沈黙させるミニオンを出した場合、ダメージを受けた後に沈黙する。

戦略

3マナ5/5と1.5マナ上相当の非常に高いスタッツを持つ。
その分デメリットも強烈で、一歩間違えれば逆ワンターンキルに繋がりかねない。

元々ウォーロックには自傷系の能力は多いが、流石に5点を無視して大量展開は難しい。
例えばズーは、自分のヘルスがある程度減る効果を許容しつつ相手のヘルスを先に減らす事を目指すデッキであるが、断末魔でミニオンを残す取り憑かれた村人/Possessed Villagerやその類型のインプ・ギャングのボス/Imp Gang Bossなどにより盤面にミニオンを残し、そして横に並べる戦法を重視するデッキである。このミニオンの採用は難しいだろう。
展開しきった後、最後にこのミニオンを出す事ができればノーデメリットとなるが、その場合はせっかくの3マナという軽さが活きにくい。

また、死ぬまで次のミニオンを出さない様にすることでもデメリットは軽減できる。
ただ、相手から積極的にこのミニオンを処理しに来てくれる事は稀だろう。そして自分からの攻撃で相討ちを狙っていく場合は高いスタッツが災いしてしまう。
挑発を付ける、影の炎/Shadowflameのコストにする、あまり積極的にミニオンを展開しないスペル重視のデッキにする等の工夫が求められる。これらの条件を満たすハンドロック等には採用可能だろう。

闘技場(Arena)

ライフアドバンテージよりボードアドバンテージを重視するので構築よりもスタッツの優秀さが際立つ。3ターン目に出せれば序盤の主導権は握ったも同然。
ただしダメージを避けるために後続の展開を抑え、テンポロスしてしまう様では本末転倒である。かと言って10点・15点と大ダメージを受けてしまうのもマズイ。続く4マナのパワーカードであるインプァクト/Imp-losionをしばらく撃てなくなってしまうのもマイナスポイント。
今後のゲーム展開を予想し、3ターン目に出さないことも考える必要がある。このカードを展開する事が逆に敗着となってしまわないかどうか、常に手札やデッキ内容と相談する必要があるだろう。

コンボ

マイナスのコンボ(友情コンボ)

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:たったの1回、回復ポーションの材料を間違えただけで免許を剥奪された。あんまりだ!
  • 英:Get the ingredients wrong on ONE healing potion and they take your license. What a world!

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。